パティシエ

勉強も資格取得も

高校の製菓コースなら、高校の授業を受けながら製菓衛生士の受験資格を取得できます。他にも受験資格を得る方法はあるものの、同時に高卒資格が得られるのは高校ならではのメリットです。和菓子や洋菓子の作り方と製パンなどを学べます。

教室の選び方

ピアノ

音楽を始めるにあたって

音楽は、幼い頃からやり始めたほうが良いです。音階やリズムの感覚を身につけるには、幼い頃から音楽と触れ合うと、身につくのが早いです。また、楽器を習得するには、一朝一夕では無理なので、これもまた幼い頃から始めたほうが、覚えが早いので良いです。ピアノレッスンを受ける場合も例外ではありません。自分の子供にピアノレッスンを受けさせたいと考えている人は、ピアノレッスンの教室を選ぶにあたって考えるべき点がいくつかあります。まず初めに、幼い子供に音楽を学ばせるには、楽しんでもらうことが大切です。幼いうちは、自分からピアノを引きたいというのではなく、親がやらせたいと考えたことによって、ピアノ教室に通い始めます。よって、まずは、子供に通い続けたいと思ってもらうことが大切です。レッスンの内容が、子供向けに工夫されているか、幼い子供でも楽しめる内容になっているかが重要です。子供向けコースなどが用意されている教室を選ぶのが良いでしょう。講師の方の子供への応対の仕方もよく見ておきましょう。子供が嫌がってしまうような人では、その教室に長く通い続けるのは難しいでしょう。次に、教室へ通う手段ですが、教室の場所によって、その方法は変わってきます。いずれにせよ、子供が自分で通うか、親が送迎するかのどちらかです。毎回送迎するのは負担になるのなら、子供が自分で通える範囲にある教室を選んだほうがいいです。最後に、ピアノレッスンにかける費用は、慎重に考えるべきです。子供に本格的にピアノを習わせたいのなら、少々高額なレッスン料でも払うべきです。しかし、音楽関係の職につくわけでもなく、子供がいつまでピアノを続けるかもわからないのなら、無駄に高額なお金をかけずに、安くてもレッスン内容や教師地の場所がいいところを選ぶべきです。

文房具

大学でじっくり学ぶ

大学で社会福祉士になるためには、4年間しっかり学ぶ必要があります。新潟県にも社会福祉を勉強できる大学があります。1年次は基礎を学び、2年次以降により専門的なことを学習します。4年次になればゼミで研究課題が与えられて、卒業研究としてまとめます。時間はかかりますが、教養をしっかり身につけられます。

パティシエ

憧れの職業に就くために

パティシエになるためにはいろいろな方法がありますが、製菓コースのある高校に通うのも1つの方法です。高校によって連携しているホテルやショップに地域差があるので、予めチェックしておくことが大切です。寮を設けている高校も多いので、自分の希望する就職先と連携しているところを選ぶことが大切です。