憧れの職業に就くために

パティシエ

パティシエになりたいと思う子どもは多いですが、実際にパティシエになるためには専門的な知識と資格が必要になります。パティシエも職人の1つなので、若いうちから技を習得しておいた方がメリットが大きいです。日本では中学を卒業したら仕事に就くことができますが、それでも高校を卒業しておいた方が親としても安心です。なので、勉強をしながら、製菓技術も学べる高校があります。高校によってカリキュラムが異なってきます。1年生のうちから製菓の基本を行っているところもあれば、1年生のうちは一般高校の授業を進めていくというところもあります。高校は地域のホテルやショップと連携して、講師を集めて実際にお菓子を作っていくということになるので、製菓の授業内容には地域差があります。また、連携している企業に就職しやすい現状があるので、入学前に卒業生たちがどこに就職しているのか予め確認しておくことが大切です。中には寮を用意している高校もあるので、就職したいところが決まっているのであれば、遠方の高校を選ぶこともおススメします。一般の高校に比べて、製菓コースは学費が高くなる傾向にあります。というのは、製菓のための材料費や調理器具費が必要ですし、高価な製菓の作り方を学ぶためには高価な材料が必要になってくるので勉強のためにも削ることができない経費です。学費が家計を圧迫するようであれば、一度立ち止まって考えることも大切です。製菓コースでも奨学金制度のある高校もあります。